社員研修の種類とその目的について

企業の人材育成に欠かすことのできない社員研修は大きく分けて2つの種類に分類できます。
1つは新入社員や若手社員といった階層別に分けた研修です。
そしてもう1つがエンジニアや営業といった職能に応じて行う研修で、職種別研修とも呼ばれます。
これら2種類の社員研修はそれぞれ目的と内容が大きく異なります。
階層別に行われる社員研修は主にマネジメント能力やビジネスマナーといった業務に対する基礎的な能力の習得や向上を主な目的としています。
新入社員ならば会社や事業内容の理解を深めさせ、基本業務知識を学ぶといった研修内容が多く見られます。
管理職ならばリスク管理能力や部下とのコミュニケーション能力の向上などが主だった内容です。
一方、職能別の研修はより業務に関する深い知識の習得を目的として行われます。
例えば営業社員ならばセールストークやコニュニケーション能力の向上などを目的とし、エンジニアに対しては業務ツールや機器の使い方を習熟させるといった具合です。
階層別の社員研修がそのポジションに見合った基礎的な能力を習得させることが多いのに対し、職能別のそれは業務におけるスペシャリストの育成が1つの大きな目的です。

あなたの予定をこの1冊にまとめませんか?
書きやすい手帳をご案内しています

OFF-JTの観点からの新入社員研修

最新記事