短期で効果を出すための社員研修

単純に社員研修を行うだけでは、成果を得ることは難しいです。
良い研修内容であることを前提に、いかに短い間で効果が出せるかが課題となります。
社員研修を行っても効果が見られない原因は、受講者の準備不足や活用の失敗が最も多いといわれています。
受講者が目的を噛み砕いで受講前に準備しておくことや、研修後は研修担当者屋上司などが手厚くフォローすることが重要です。
学生時代には予習復習が大事だと言われてきたかもしれませんが、それは社員研修においても同じです。
受講者の意識を高めるには、研修を行う意味を明確化することが第一と言えます。
どんな問題や課題があって研修を行うのか、研修後にどう変わって欲しいのか、その変化が組織やチームにどう影響して欲しいのかなどを考えましょう。
さらに受講者の上司に対して研修の目的を理解してもらい、上司から受講者に伝えてもらいます。
そうすれば受講者も前向きな姿勢で研修に取り組めるのではないでしょうか。

最新記事